Home

変ないーもん屋

Facebookアプリの作成につまづいた時の心得(?)

ここひと月ほどネット上で生きるためにひたすら模索をしている(´;ω;`)
いたい挫折することが多いが、今回も挫折しそうだった。
Facebookアプリを作っていたのだ。

・・・といっても、アプリを一から作成するような技術的な能力はないので、面白そうなアプリを考えて、画像やら文言やらを用意して・・・

そうしたら、アプリ作成ソフトを使用してマニュアル通りに設置するだけである。

・・・しかし、この「だけ」というのが曲者で、だいたい普通の人が普通にやっていればマニュアル通りうまくいくものである。
・・・だから世の中にマニュアルというものがある。

しかし、世の中にはこのマニュアル通りにやっても、なぜかうまくいかない人がいる。
例:なかのん
だから、いくら完全なマニュアルがあったとしてもサポートは絶対に必要なのだ。

さて。一体どうして、普通にやったら簡単にできることをわざわざつまづいてしまうのだろう。
自慢じゃないが、まず確実にレアな方を選んで、必ず苦労をするなかのんが、きっと他にもいるであろうなかのんのような人のために、そういったことを回避する心得を書いておこう。


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Zenbackを設置してみた・・・その際のちょっとした注意点

Twitter や Facebook のボタン、いわゆる無料ブログとかだと標準でついてくることが多いので、設置が簡単、だけど、個人のMTに設置すると思ったより面倒くさかった・・・という話ですが。

なんと、実は超簡単に設置できるということがわかった。
・・・っていうか、今まで知らなかった・・・っていう言い方が正しいかも。

Zenback っていう無料ツールを利用すれば驚くほど簡単に設置できる。

・・・よく見ると、このツール使っているサイトって、たくさんあったよね。
・・・何の疑問も感じてなかったけど、実は無料で簡単に使えるんだね・・・だから、いろんな人が使ってるんだよね・・・

Zenback っていうのは、無料のブログツールで、簡単に言うと、設置したいサイトを登録して、発行されるコードを自分のブログに貼り付けておくだけで、Twitter や Facebook の投稿ボタンはもちろん、関連する他の人の記事のリンクを拾ってきてくれる。


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ますます厳しくなっていいくビジネスの現状

実は「リクルート」が「受験サプリ」なるものをTVコマーシャル初めて以来、もうガクッと、なんか、もう日本でできるビジネスも終わったな・・・

・・・みたいな感じがしたものだが、もう本当に終わってしまった気がします^^;


ネットで教材を売るってことが、今までは何だか情報教材的なアンダーグラウンドなイメージとかあったんだけど、いや、他にも英語とか、趣味の講座とか、あったんだけど、圧倒的な稼げる的情報教材に飲まれて、なんだかアンダーグラウンドなイメージがあったんだけど。


大手が一気にドッカーンと、お金ガッツり使って、ネットでの教材(塾)ビジネスに乗り出してきて、ああ・・・もう個人で稼げる時代は終わったな・・・

今までネットビジネスでほそぼそと教材売って食べてきた人達はおろか、個人レベルで塾とか経営してきた人達とかも終わったな・・・とどんよりした気分になっていたんだけど。


月々980円で大学受験講座受け放題って、リクルートは、完全に中小企業ツブすきだな、とか、まあ、日本自体が中小企業ツブすきだしな・・・とか、それで必死に家庭教師のトライはコマーシャル攻勢をかけているのか。・・・とか、公文式は完全に海外に拠点を移したしな・・・


とか、まあ、いろいろ考えるところは多かったんだけど、

実は下のバナー、クリックしてみて。


Nアカデミー って、NTT系の主催するネット教室

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

久しぶりにネット関係戻ってきたら浦島太郎になった気分を味わったこと

随分久しぶりの更新ですが。

・・・つまり、ずいぶん久しぶりにネット環境にどっぷりと浸かることができるようになったので、アフィリエイトとか、ネット通販とか、頑張ってみようじゃないか・・・ということで、いろいろ始めたところ、早くも時代に取り残されていることを知って愕然とした。

ずーとやっている人でも勉強しないと取り残されるような、世代交代の早いネットビジネスの世界で、数年もブランクがあったら、そりゃあ、浦島太郎だよな・・・と落ち込むことしばし。

「twitter」やら「facebook」やらが出てきた時点で、すでに取り残され気味だったのに、もうすでにヤバイです。

いろいろ、愕然とすることは多いのですが、今一番に愕然としているのはアフィリエイトの浸透率。

・・・もう猫も杓子もアフィリエイトなんですね^^;

・・・そういう私もアフィリエイトを・・・なんて今頃言ってる時点で、すでに時代遅れ感ありあり。

いや、ほんと、今からやってもダメでしょマジで。・・・って、思いますわ。トホホ・・・




Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

facebook「いいね!」ボタンをMTに設置する際の諸注意

facebook の「いいね!」ボタンを設置してみた。

実は twitter のボタンも設置してみたのだが、こちらは公式サイトで"日本語で"(ここ重要!)
あまりにも簡単だったのと、文字数も限られているし、すぐ流れちゃうんだろうし・・・で、とりあえず設置できたのでOK!的な感じで現在運用しているのだが(・・・といっても設置したのは一昨日です^^;)

facebook の「いいね!」ボタンは結構苦労したので、ブログをレンタルブログではなくて、自分でMTを使って構築している方で、まだ facebook の「いいね!」ボタン を設置していなくて、設置したい!
・・・と思っている方がおりましたら参考にしてください。

facebook の「いいね!」ボタンについては解説しているサイトも他にもあったんだけど、MT用じゃなかったり、古いバージョンの 「いいね!」ボタン の設置の仕方だったりとかでちょっと苦労したので^^;

・・・続きからご覧ください


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

「アフィリエイト」に向かない人・・・新説(?)

世の中にはどうやってもアフィリエイトに向かない人というのが存在する。

・・・ここ1年くらいずっと会社を辞めるために、どんなビジネスを行ったらよいか、ということを考え続けて、結局ネットビジネスとしては参入しやすい・・・と、「思われている」アフィリエイトについて調べていた。

そして、実際に「アフィリエイト」に参入しようとここ1・2ヶ月ほど、ずっと考え続けてきて、結果、
私には性格的に向かない
と、結論するに本日至った。(泣)

「アフィリエイトに向かない人」
というキーワードでグーグル検索すると、何人かのアフィリエイターが"自分の商材を宣伝するために"
こういう人はアフィリエイトに向かないですよ。
この商材を買わないほうがいいですよ、そう言う人はこっちの商材の方がいいですよ~
・・・と、言っている。

・・・しかし、果たしてそうだろうか?
本当にアフィリエイトに向かない人はいる。
私はここ1・2ヶ月ほど、アフィリエイトを実際に始めるにあたって、「一体何を売ったらいいか」、ということばかりを考えてきた。

そして、結局のところ、「私はアフィリエイト」には向かないということを確認することで終了した。

・・・つまり、こういうことである。


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

詐欺情報教材に危うくまた騙されるところだった・・・

最近また、「ネット絡みで独立したい!」という気持ちが再燃したので、一体どうしたら良いだろうか・・・と、久しぶりにネットで情報を探す日々が続いている。

やはり、自己資金ゼロで稼ぐには「アフィリエイト」

しかし、問題は何を「アフィリエイト」するか・・・。

で、一つの「アフィリエイト」用教材を購入してみたのだが、
まあ、この教材は特に詐欺でもないと思うし、しかし、買った値段に見合った成果がだせるかどうかは自分次第なわけ。

しかし、やはり元を取らねばと少しずつその通りに初めて見る。

まあ、この教材の件についてはいずれの機会にお話することとして。

問題は「何をアフィリエイトするか」だ。

正直、A8でも楽天でもアマゾンでも。
なんでも「アフィリエイト」するものはたくさんある。
間違いがないのは物販だろう。
少なくとも、自分が詐欺の片棒を担いでしまうといった事態に陥ってしまうことはない。

・・・しかし、ご存知のとおり、物販のアフィリエイトで自分の稼ぎブチを稼ぐのは相当な苦労が必要な気がする。
何しろ単価が安い。

こうデフレの時代ではよほど利益率の高い商品でなければ、販売者側も「アフィリエイター」に多額の報酬を払うわけには行かない。

正直販売する側もカツカツでやってるはずなのだ。

・・・で、結局、「アフィリエイター」が生活できるほどの中間マージンをもらえる市場ということになると、やはりどうしても「情報商材」ということになる。

もちろん、探せばどこかにうまい市場があるのかもしれないけど。

安直に考えると「情報商材」が美味しいということになる。
私が買った商材も「情報商材」販売を例に出している。

・・しかし、美味しいということはそれだけ危険性も高い。
うっかりしてしまうと自分も簡単に騙されることになってしまう。
なによりうっかり「詐欺商材」を販売してしまうことなどになってしまっては目も当てられない。

結局のところ何を売るかというのが最初にあって、それを売るためにどういう戦略を立てればいいのか、ということが問題なわけだ。



Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

JINS PCを購入してみた・・・眼精疲労にいい感じです。今更ですが。

タイトルに「JINS PCを購入してみた・・・眼精疲労にいい感じです」と書いてみたが、正確には
眼精疲労(がんせいひろう)とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。 疲れ目とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言う。
ということなので、私の場合は「目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。」までは正しいけど、 睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態ではないので、「目疲労」ということになるらしい。

まあ、それはともかく、最近再びデスクワークの日々に舞い戻った私は、当然会社にいる間はほとんどPCとにらめっこ状態。
さらにお昼休みや空き時間はスマホとにらめっこ。
家に帰ってからはPSPや液晶TVとにらめっこ・・・というわけだから、相当目への負担は高く、目の周りのマッサージや温めたタオルなどで疲れをとっていた。

(注・この場合の温めたたおるというのは、飲み屋なので最初に出される温めた『おしぼり』のことである。・・・最近は使い捨てのペーパータオルの店が増えて実に残念なことである)

しかし、巷で話題の 「JINS PC」
もしも、本当にこの目の疲れの症状の緩和になるのなら、私にとっては安い投資なのではないだろうか?と考えた。

しかし、疲れ目というのは実際のところ昔からあるもので、PC画面がまだブラウン管だった時代からPCのやりすぎで相当目の疲れはあった。
ブラウン管TVにPS2をつないでゲームを一晩すれば当然そうとう目がやられる。

そういう目の疲れと液晶画面から出る「ブルーライト」による目の疲れと何が違うのだろうか?
「JINS PC」はそもそも「ブルーライト」を50%カットしますよ、と行っているわけであって、これまでの「目の疲れ」とどういう関係があるのだろうか?
・・・というのがそもそもの疑問だった。 


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

スマホ用HPを作成したい・・・とりあえず「Templetsフレームワーク」を利用してみた

実はずっとスマホ用HPを作成したいと考えていた。
自身でスマホを使い始めて早半年。
最初はスマホのイメージとして簡易的なPCと考えていた。
外でメール受信やインターネット検索ができる

携帯と何が違うか?
エクセルの表やPDFが見れたり、ビジネス的な要素でも使えるところかな~

・・・なんて考えたりしたものだが、最近は考え方が変わった。

スマホは携帯でもPCでもない、まったく別の生き物だと思っている。
・・・とはいえ、私は自分のスマホをほとんど「モバゲー」位にしか使っていない。
まあ、たまにはメールも見るし、電話もかかってくるけど。

スマホでネットサーフィンするかな?
・・・と思っていたけど、全然しない

要するにスマホの画面でPCサイトを見るのは非常にめんどうなのだ。
横スクロールと画面の拡大・縮小が面倒くさい。

そんなわけで、今多くの企業が取り組んでいるのがスマホ用にカスタマイズしたサイト作成ということになるのだが、私の場合もせっかくだからスマホ用画面を作成しようと考えた

・・・が、これが実に面倒くさい。

そもそも、一度苦労すればその後の更新は楽になると思ってHPもMovable Typeを利用しているくらいの面倒くさがり屋なのに、スマホの場合機種依存がひどく、さらなる苦労をしなくてはならないらしいということが分かって、かなりげんなりしていたわけ

・・・とはいうものの。
いつまでもあーだこーだ考えていても先に進まないので、とりあえず、ものはためしと何でもいいからつくってしまえ・・・というわけで、「Templetsフレームワーク」というのを利用してみた。

・・・理由はなんだか、とりあえず簡単に導入できそうだったから(笑)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

人口減少の問題について考えてみた・・・国勢調査はあてにならない

最近よく人口減少の問題について考える。

今後ますます加速化していく少子高齢化社会という問題は、よく考えれば昔から大きな問題点としていわれ続けていたことだ。

振り返ってみるとそもそも小学生の頃から、あれ、中学生だったかな?
とにかく社会化の時間で、現在の人口の年代別構成などということは習っていて、ヨーロッパではこうだとか、アメリカはこうだとか。

日本もいずれこういう形になっていきますよ・・・といって、ピラミッド型だとか、釣鐘型だとかいう表を見せられたものだ。

あの時分から将来はこうなってしまいますよ・・・と分かっていたにもかかわらず、結局何の抜本的対策もとられること無く、そして、予想通りの現実が現れてきたというだけの話なのかもしれない。

漠然と少子高齢化といっても、そのことで何が現実に起こってくるのか、個人単位でそこまでの危機感が無かった。

少子高齢化・・・といわれて一番の問題点として思いつくのが、社会保障や税金の負担の問題だ。若い人が老人の分を支えなくてはいけないという問題。

しかし、小・中学生の頃漠然と思ったのは、社会保障や税金を老人の分まで負担しなくてはならない社会にいずれはなっていくだろうが、それは私たちの世代ではなくて私たちの子供の世代の話だろうな・・・ということ。

小・中学生の自分にとって自分が、50代・60代になることは想像できず、50代・60代の自分は仕事も働いていたとしてもそろそろ定年を考える時期で、子供がいて子供が働きはじめている頃だろうと考えていた。

・・・つまり他人事だったのだ。

・・・しかし、現実には違う。
人口減少は加速化している。

子供の頃50代・60代の話だと思っていたのが、現実まだ50代にはなっていないし、何よりも現実に仕事をしていて、働き手がいなくなったことをひしひしと肌で感じている。

そして、現実に一番の大問題だと思うのは、社会保障や税金の負担の問題ではなく、なによりも今現実に「働き手がいない」ということである。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

なかのん

変ないーもん屋運営者

nakanon2.jpg
某・会社常務取締役 兼 某・会社社長
肩書きだけ見ると、一見優雅なセレブに見えるが内情は・・・
既存の商売に見切りを付けて大幅な業務転換を図るべく模索する日々。
モラトリアム社会人を脱却しようと現在活動再開中

Search


Feeds
Calendar
2013 5 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Recent Comments
  • hikaku: サイト運営し始めた者 read more
  • オレンジの花: 今晩は〜!たまに猫ブ read more
  • nakanon: 知り合いって例の彼で read more
  • urara: 知り合いにもブラック read more
Recent Trackbacks
Photos
Tag Cloud
現代広告の心理技術101

広告の目的は人に行動させること

この本を読めば、広告をより効果的にするため ただ以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる



「現代広告の心理技術101」は、オンライン・オフラインに限らず何らかの形で広告を行っている私たちにとって、一番必要な良書です。
なかのんも愛用しています。

現代広告の心理技術101

Return to page top