Home > ウェルネス Archive

ウェルネス Archive

JINS PCを購入してみた・・・眼精疲労にいい感じです。今更ですが。

タイトルに「JINS PCを購入してみた・・・眼精疲労にいい感じです」と書いてみたが、正確には
眼精疲労(がんせいひろう)とは、物を見ているだけで目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。 疲れ目とは異なり、睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態を言う。
ということなので、私の場合は「目の疲れや痛みを感じ、視界がかすんだり、頭痛、嘔吐などが起きる状態。」までは正しいけど、 睡眠をとっても症状が回復しないほどの重篤な状態ではないので、「目疲労」ということになるらしい。

まあ、それはともかく、最近再びデスクワークの日々に舞い戻った私は、当然会社にいる間はほとんどPCとにらめっこ状態。
さらにお昼休みや空き時間はスマホとにらめっこ。
家に帰ってからはPSPや液晶TVとにらめっこ・・・というわけだから、相当目への負担は高く、目の周りのマッサージや温めたタオルなどで疲れをとっていた。

(注・この場合の温めたたおるというのは、飲み屋なので最初に出される温めた『おしぼり』のことである。・・・最近は使い捨てのペーパータオルの店が増えて実に残念なことである)

しかし、巷で話題の 「JINS PC」
もしも、本当にこの目の疲れの症状の緩和になるのなら、私にとっては安い投資なのではないだろうか?と考えた。

しかし、疲れ目というのは実際のところ昔からあるもので、PC画面がまだブラウン管だった時代からPCのやりすぎで相当目の疲れはあった。
ブラウン管TVにPS2をつないでゲームを一晩すれば当然そうとう目がやられる。

そういう目の疲れと液晶画面から出る「ブルーライト」による目の疲れと何が違うのだろうか?
「JINS PC」はそもそも「ブルーライト」を50%カットしますよ、と行っているわけであって、これまでの「目の疲れ」とどういう関係があるのだろうか?
・・・というのがそもそもの疑問だった。 


Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ようやく見つけたタ●タの基礎代謝測定の算出方法

たとえば体重計に基礎代謝の測定装置が付いていれば、どのようにして基礎代謝量を測定しますよ、と、アナウンスがあるのが当然だと思うのだが? 前々回に大分興奮して記事を書いたが、(会社名出すとまずいかなと思い、修正しました^^;p)しつこくまだ「基礎代謝測定方法」の謎を究明しようとしている。 それが全く見つからない。 毎日毎日探しているのに! タ●タのホームページをすみからすみまで探してもみつからない。 タ●タだけではないオ●ロンとか、その他いろいろな体重計があるが、基礎代謝の測定方法が出てこない。 体脂肪率なんてその測定方法なんてあっという間にわかるのに、基礎代謝の測定方法、最近の体重計で表示される基礎代謝の測定方法は全くわからない。 この時代これだけインターネットで探して、これほど一般的に普及しているものの測定方法がわからないなどということが、あるものか? ・・・と、思って根性で捜したら、ついに見つけました。 タ●タの体重計の基礎代謝量の測定方法!(たぶん)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ダイエット情報には騙されてばかり

騙されていたのはタ●タの体重計だけではなかった。 基礎代謝を含むほとんどの、HPやWEB広告、様々な情報 ほとんど全て? というものから騙されていた。 ・・・基礎代謝について調べれば調べるほど分らなくなる、と、前回書いたが、当たり前だ。 そもそも騙されていたのだから、調べれば調べるほど意味が分らなくなるのは当然だ。 だって、たとえ概算としてでも、数値として基礎代謝の調べ方というのが、ハリスベネディクト式による基礎代謝の計算式というものであって、 たとえ、実際の測定方法は「24時間代謝測定室(ヒューマンカロリメーター)」「二重標識水(doubly labeled water:DLW)」との併用であったとしても、たとえ、その実測値が近似値であったとしても、つまり「基礎代謝量の推定誤差(推定の標準誤差)としておよそ±8~13%程度」あったとしても、人間の基礎代謝はそのように計算されるのだとしたら、 そもそも基礎代謝の増加云々という話はナンセンスなのである。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

基礎代謝量測定・・・タ●タ(体重計)に騙された(!?)

なんだかんだで人間の体なんて全然分っていないものである。
実は自宅にはタ●タの体重計がある。
いわゆるインナースキャンというやつで、普通の体重計のように体重だけではなく、体脂肪はもちろん、体水分量とか、筋量とか、骨量とかを測ってくれるやつである。
・・・で、基礎代謝。
基礎代謝は人間のエネルギー消費量の約70%を占める。
すなわちこの基礎代謝量が高ければキャデラック並に燃費の悪い体になって、バカスカとエネルギーを消費しまくってくれるので太りづらいというわけだ。
・・・当然、基礎代謝量をなんとしても増やしたいと、ダイエッターたちは頑張ることになる。
・・・なので、体重だけでなく、最近はいろいろな機能がついているタニタの体重計に朝晩乗っかっては、この体重計に出てくる基礎代謝量の数値を見て一喜一憂していたわけである。
・・・そう、先日までは!

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1

勉強ダイエットはありなのか?

ご無沙汰です。
先日第一種衛生管理者試験を受けてきまして、実は二日間の民間の講習を申し込んだからそれから勉強すればいいやと、問題集一つ開かずに、試験一週間前の講習に望んだら、あらびっくり。
第二種共通のところはともかく、第一種独特の有害の内容が全くチンプンカンプン。
サルモネラ菌だのジクロルベンジジンだの、読んだだけで病気になりそうな聞いたこともない単語のオンパレードで、こりゃヤバイ、ブログなんて書いてる場合じゃないんじゃないの!
・・・ってわけで、一週間 禁ブログ することにしましたが、結局試験後の脱力現象もあいまって、約二週間のご無沙汰です。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > ウェルネス Archive

なかのん

変ないーもん屋運営者

nakanon2.jpg
某・会社常務取締役 兼 某・会社社長
肩書きだけ見ると、一見優雅なセレブに見えるが内情は・・・
既存の商売に見切りを付けて大幅な業務転換を図るべく模索する日々。
モラトリアム社会人を脱却しようと現在活動再開中

Search


Feeds
Tag Cloud
現代広告の心理技術101

広告の目的は人に行動させること

この本を読めば、広告をより効果的にするため ただ以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる



「現代広告の心理技術101」は、オンライン・オフラインに限らず何らかの形で広告を行っている私たちにとって、一番必要な良書です。
なかのんも愛用しています。

現代広告の心理技術101

Return to page top